これで納得!賃貸探し成功のルール
これで納得!賃貸探し成功のルール

賃貸契約に必要な初期費用の相場

賃貸物件を借りるには、最初にある程度のまとまった資金が必要です。賃貸を借りるのに必要な初期費用の内訳は、こまかく分かれています。誰もが一度は聞いたことがあるであろう言葉が、敷金と礼金です。敷金・礼金は、賃貸を借りる時だけに聞く、特別な用語です。敷金とは、いろいろな不測の事態を想定して、前払いという意味で大家さんに預けておくお金です。

最初に敷金を預けておくと、もし家賃が払えなった時や退去するときの部屋の修理費、原状回復費等に、敷金の一部、または全部が充てられます。そうした事態がなく、部屋も綺麗に使用して受け渡せば、預けた敷金は全額が返って来ます。一部が充てられた場合もその残りが返金されます。敷金は家賃の2か月分くらいが相場です。

礼金は、昔から伝わる習慣のひとつで、大家さんに部屋を貸してくれたお礼として払うお金です。家賃の1か月分くらいが相場で、礼金は敷金とは違い、返金はされないお金です。最近は敷金礼金ゼロの物件も多くなっていて、初期費用を抑えて部屋を借りたい人に人気です。その他に仲介手数料というのもある場合があります。これは仲介してくれた不動産会社にお礼として払うお金です。これも家賃の1か月分くらいが相場です。その他には前払いの家賃と、火災保険料も必要です。前払い家賃は、入居した日から次の家賃支払い日までの分で、月の途中で入居した場合は日割りで計算されます。火災保険料はプランにより違いますが、15,000円くらいと見積もっておいて良さそうです。